一般社団法人スタディライフ熊本は、生涯学習支援事務所として各種事業を展開していきます。
お問い合わせ先

情報モラル教育

情報モラル教育

インターネットがなくてはならない時代になりました。しかし、まだまだ判断力が未熟な子ども達は、ゲームやスマホなどからインターネット社会に浸り、健康被害や事件に巻き込まれるケースが後を絶ちません。

子ども達には電子紙芝居などを使って、大人向けには最新のインターネット社会に関する情報を盛り込みながら、楽しく気づきあふれる講演会やワークショップを開催しています。

キャリア教育の様子1
キャリア教育の様子2

保護者向け

  • 【テーマ】
  • ・「インターネットが及ぼす健康被害」
  • ・「家族ルールの作り方」
  • ・「大人も学ぼうインターネット社会」

  • 【保護者の感想】
  • ・子どもたちの様子から、私が思っていた以上にスマホやネットの世界が身近になっていることを知り、びっくりしましたが、それらの便利さやそこに潜む危険も子どもなりに感じているようでホッとしました
  • ・我が家では、勉強の調べ物をする時のみ、ネットを使用させています。いつかスマホを持つ日が来ても、今日のお話を胸に、年代や友だちとの考え方や感じ方の違いを認め、話し合いをしながら、思いやりをもって活用してほしいものです
  • ・私も子どもの思いに心を寄せながら、その都度、一緒に考えたいと思います
  • ・講演の中で子どもたちがしっかり考え、いろいろと発表する姿がみられ、それぞれにいろいろなことに気づくことができたと思います
  • ・今後も機会を見つけて、情報モラルに対する意識を向上させていきたいと思います

児童・生徒向け

  • 【テーマ】
  • ・「危険に気づく力をつける」
  • ・「学校生活と情報モラル」
  • ・「心で考えるインターネットとの付き合い方」

  • 【児童・生徒の感想】
  • ・普段なかなか話すことができない内容を議論できてよかったです。1つのことをじっくり考えることができて楽しかったです
  • ・「スマホは本当に必要か?」という質問に、自分は必要だと思っていたけど、他の人の意見を聞くことで心が揺れました。たくさんの人の意見が聞けてよかったです
  • ・自分や友達の意見だけではなく、大人や他の学年の人の意見を聞くことで、立場によっても意見が違うことが分かりました。自分の意見も聞いてもらえてうれしかったです
  • ・班の人と考えを出し合うことで、考えが深まっていったので楽しかったです
  • ・インターネットは知らない人と交流できたり、自分のことを伝えたりできるけど、友だちまで巻き込んでしまうと、嫌な思いをさせてしまうこともあるので「相手のことを思いやる気持ち」が大切だと思いました