一般社団法人スタディライフ熊本は、生涯学習支援事務所として各種事業を展開していきます。
お問い合わせ先

防災教育

防災教育

4月に発生した熊本地震の際、避難所支援を行ってきた特定非営利活動法人ソナエトコの理事長であり、KVOAD(くまもと災害ボランティア支援ネットワーク)の理事も務めるスタディライフ熊本の水野直樹理事が、子ども達や保護者に向けた防災教育活動をしています。

KVOAD(くまもと災害ボランティア支援ネットワーク)

講演

  • 【テーマ】
  • ・イメージ力で災害にそなえよう
  • ・みんなで考えよう!こんなときどうする
  • ・やってみたくなるソナエ

キャリア教育の様子1
キャリア教育の様子2

ワークショップ

  • ・学校をDIGろう!
  • ・備蓄用缶パンでプリティケーキ
  • ・おふくろクッキング
  • ・新聞紙が変身!

  • 【子どもの感想】
  • ・新聞紙でスリッパや食器ができるのがすごいと思いました。勉強になりました。
  • ・新聞紙でつくる食器は、幼稚園の妹も簡単に作れました。今度はお父さんに作り方を教えたいです。
  • ・ものしりになれてうれしかった!
  • ・スリッパとマスクはすぐにできて、楽しかった。
  • ・おばーちゃん達に教えたらびっくりされました。

  • 【保護者の感想】
  • ・新聞紙でお皿?と思っていましたが、実際に作ってみてそこにビニールをおいて使う!すごい!知っていると本当に役にたつことばかりで勉強になりました。
  • ・うちではリュックに非常用品つめてるけど、ホッチキスを入れておくといいかもですね。ホッチキスもいろいろ使えるし。ホントに勉強になりました。
  • ・身近な物であれだけ役立つ物ができるということにただただ勉強になりました。
  • ・物が溢れすぎてる今になれている私たちは、もしも今の生活がなくなって手元に何もなかったら って考えることも大事だと思いました。やはり、親子で学べる事は最高ですね。
  • ・震災を経験して初めて分かること沢山あったけど、震災を経験したことない人にどれだけ伝えられるかも考えて行きたいと思いました。